軽く詩(笑)笑っている君が大好きだよ^^


by blue-jeans-on-one
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

きみがため

きみがため 今思う事は
たくさん たくさん”ありがとう”を君に届けたいよ

あの時代はまだ来なくて
泣いた日もちゃんと胸に刻まれてるよ
ただ 君が居ないのは淋しいけど
時間を忘れないで 地球の為に僕は今戦っています
人が困っていたら助けなさいと言われているような感覚が未だになっても消えない
それは あなた色が染まって染まり続けているからなんだよね

君と話しているとね 嬉しい事も悲しい事も
輝く想いも天使に囁くから
光輝いた日を絶対忘れないから
生きていれば 何にでもなると思って居たあの頃に戻りたいっと思っても
時間は戻らないよね
だから 僕は君の為に強くなりたい
夢に描いた空は 何処まで続く?
色褪せた空気 居場所が無くなって今何処にいるの?
っと探していた僕だけど 今は違うよ
涙を流す分だけ強くなりたいから

言葉にすると 伝わらないこの想い
喧嘩 愚痴 一杯あるけど それに 負けないからね
僕には心の君が居るから
後戻り出来ないけど 僕はこの道で
本当に良かったと思ってるから
君の音が聞けない日も それも七色になって
何時も傍に居るよ

ラズベリーの様に甘く切なく
”また逢おうね”っと言わんばかりに切なく
雨に濡れて ストレス吐き出して
銀色の吐息切なく輝く日があっても可笑しく無いよ
[PR]
by blue-jeans-on-one | 2009-06-23 22:48 |
流した涙 そっと呟きたいその声
心地よい居場所 素直に言えなくても
”負けないでね”っと呟きたいその心
ささやかな祈り 捧げて
愛のカケラ 見つけたくても見付からない今

ずっと友達だよっと言う言葉の嘘
人を傷付けるのはよく無いよ
だから そんな人にならないでね
優しく呟きたい 君に届ける為に

この道 ずっと行ったら待ってるのかな?
そんな気がするんだ 僕には

歩いた道 後悔しないでね
涙が頬を流れるその涙も忘れないでね
君は”頑張ってる”のだから
優しさに包まれたいから
想い出は想い出だけど
素直に言えないけど 人事じゃないと思うから
君をのせて この街を出たくても
相手の希望があるから 駄目なんだよね
人と触れ合う事 自分も得意じゃないけど
あなたの言葉 何時も哀しそうだよ
[PR]
by blue-jeans-on-one | 2009-06-07 17:42 |
"ありがとう”を一杯君に言いたい
だけど それは もう叶わないね

そんな君だからこそ 好きになった
好きになった事 一つも後悔してないよ
ただ 僕があなたを見つけれなかっただけなんだよね
切なく月が欠けると 涙が溢れてくるよ

”もぅ 後は振り返らないから” 君の事好きで居て良いかな?
そんなちっぽけな・・願い持っててもいいかな?
蒼く染めた景色 地球が大きくて
君の事が知ってても 打ち明けられる事が出来なかったよ
”愛があれば大丈夫”っと教えてくれた

何時も バカンスのように音を流しています
kissをするたび 切なくなる
もぅ 願わない夢を抱くあなたの姿
僕は あなただけを 姫君だけを
今でも 愛し続けています

だから・・元気だしてねっと・・背中を押されてる気分だったように
あなたを 押して上げたいんだ
ちっぽけでもいい あなたが進めますように
僕には それだけになって 一番大切な物見失って
気が付いたから 沢山の人にこの言葉が届きますように
[PR]
by blue-jeans-on-one | 2009-06-07 11:04 |

姫君様 もう一度・・

とまどいの姫君は 何処か切なく
海みたいで あなた色に染められた
”ときには 泣いて良いんだよ”っとさり気なく
一生想い続けたい 姫君様だけを

溢れる涙受け止めたいこの心
君は独りじゃないよっと呟きたいこの心
サヨナラなんて 言えない姫君の心
まるで 壊された心閉ざして あるいた道

パワフルに溶ける街が待っていたよ
”ありがとう”を 何度言っても届かない
”大好き”を何度言っても 足らない
自分の糧にしたい この想い
君のぬくもり 探したけど 見付からないよね

最初から判っていたよ
でも 探したかったんだ 君との想い出を

姫君様 どうか もう一度・・

姫君様 どうか もう一度・・
[PR]
by blue-jeans-on-one | 2009-06-03 20:51 |